自毛植毛手術で悩み解決|クリニック選びのポイント

慎重に選ぶ

鏡を見る人

リスクを避けるために

自毛植毛手術を取り扱っているクリニックが、大阪には数多くあります。その中には、症例数が豊富で腕の良い医師がいるクリニックもありますが、費用が安いだけで技術力のないクリニックもあります。自毛植毛には、傷跡が残る・髪の毛が定着しない・仕上がりが不自然になる等のリスクがあります。こうしたリスクを避けるには、医師だけでなく補助スタッフの人数や経験もチェックすることが大切です。大阪にはドナー採取を機械が行なっているクリニックもあります。機械式は施術のスピードが速く、毛根が新鮮なうちに採取できることや、医師の技術力に影響されないことが特徴です。ただし植毛は人の手で行なうため、最後はやはり技術が重要になります。

修正の方法

大阪のように多くのクリニックが技術を競っている都市では、自毛植毛の失敗をそれほど心配する必要はありません。万一結果が気に入らなかった場合でも、修正することは可能です。傷跡は髪が伸びれば普通は気にならなくなりますが、ケロイド状になって目立つ場合は、その部分を切除し縫合したり、新たに植毛したりします。定着率が低かったり、生え際が不自然になったりした場合は、再植毛で密度を増やす方法があります。一度失敗した医師に再手術を受けるのは気が進まなくても、大阪なら選択肢が豊富にあります。自毛植毛の修正を得意とする医師もいます。複数のクリニックでカウンセリングを受けて、いろいろな方法を考慮してみると良いでしょう。